絵本紹介

子どもに夢を与える大人に

「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっても満足しないことです」。絵本の冒頭の帯の文章に引きつけられ、手にした絵本。

今回ご紹介するのは、

「世界で一番貧しい大統領のスピーチ」です。

2012年、自然環境問題の国際的な会議で世界各国の代表が集まった際の、南米ウルグアイのムヒカ大統領の演説を編集した物語です。ムヒカ大統領は一国の主でありながら質素な生活をし、給料の大半を寄付して、田舎で奥さんと農業をしながら暮らしています。

その貧しい国の大統領のスピーチが、先進国の代表の心を動かすことになったのです。

私たちがこの地球に生まれてきた本当の意味は、「発展し、物をたくさん持つためではありません。幸せになろうと思って生まれてきたのです」。物に目を向け過ぎるのではなく、限られた命をどう幸せに生きるかを考えさせてくれる一文に、私はハッとさせられました。

家が欲しいと思ったのはなぜか。根本的には、家族との幸せな生活がその先にあるからではないでしょうか?

しかし、大人の日常は、目の前の現実、ローン返済や古くなった箇所の修繕で頭を痛めたり、知らない間に増えた家の物に溺れている状態かもしれません。今あるものに感謝し、本当に欲しいもの、心地よいものだけで満足する。それだけで、家も家族も幸せに暮らせるヒントになるかもしれません。

最後にムヒカ大統領の言葉で結びます。

「社会が発展することが、幸福を損なうものであってはなりません。発展とは、人間の味方でなくてはならないのです。人と人とが幸せな関係を結ぶこと、子どもを育てること、友人を持つこと、地球上に愛があること。発展はこれらを作ることの味方でなくてはならない」。

幸福だと思える以上の豊かさはない、と思わせてくれる深い絵本です。そして、幸福はやはり家族が基本。子どもたちに夢を与える大人でありたいですね。

ピックアップ記事

  1. 子育てでイライラした気持ちが軽くなる絵本
  2. AI時代に一番大切な〇〇力が、なぜ絵本で育つの?
  3. お悩みにお答えします【子どもの文章力が心配です】
  4. 夢を壊すドリームキラーの正体とは?
  5. 夏休み 子どもに何を体験させてあげたいですか?

関連記事

  1. 絵本紹介

    お掃除・片付けが身に付く

    先月(第1545号、8月14日発行)は、子どもとお片付けを始めるための…

  2. 絵本紹介

    子どもが健やかに育つ家

    数ある絵本の中で、一番多く描かれているのは「家の中」。絵本の主…

  3. 夢を叶える

    【なぜ眠る前の読み聞かせはいいの?】

    子どもの半睡状態の脳に語りかける言葉は、すごく暗示力があると言われ…

  4. 絵本紹介

    モノの扱いは自分と同じ

    感謝の気持ちを伝える「今までありがとう。お世話になりました。」古く…

  5. 悩み相談

    子どもの自己肯定感育む

    なぜ眠る前の読み聞かせはいいの?今回は、親子でうれしい気持ちを感じ…

  6. 絵本紹介

    家づくり通し子育てを考える

    「キッチンは対面式で、子どもの様子が見えたほうがいい?」「リビ…

ピックアップ記事

【無料】IQとEQが上がるメール講座



PAGE TOP