fbpx

絵本紹介

感謝がつなぐ愛情のバトン

4月から5月の初旬にかけて行われた沖縄の年中行事の一つ、シーミー(清明祭)。ご先祖さまを大切にする沖縄が誇る、素晴らしい習慣だと思います。

まずご紹介する絵本は、

「ヌチヌグスージ いのちのまつり」

沖縄に初めて来たコウちゃん。面白い形をした大きな石のお家の前で、大勢の人がごちそうを広げて楽しそうにおしゃべりしたり、踊っている姿に目を丸くします。島のおばぁにたずねると、「私たちに命をくれた大事なご先祖さまのお墓参りさぁ~」と答えます。島では春になると親戚中が集まって、ご先祖さまに「ありがとう」を伝えるのです。

びっくりしているコウちゃんに、今度はおばぁがたずねました。「坊やに命をくれた人はだれね~?」。「お父さんとお母さん!」とコウちゃん。「そうだね。命をくれた人をご先祖さまって言うんだよ」。命をくれた人をどんどん数えていくと…、「もう、数えられないよ~」。初めて自分の命はすごいと気付きます。

おばぁはさらに言いました。「坊やもやがて結婚して、子どもが生まれるさぁ~ね。またその子が大きくなって結婚して、子どもが生まれるんだよ」。命は目に見えないけれど、ずっとつながっていることを伝えてくれる絵本です。自分の命はご先祖さまが誰一人欠けてもなかったんだと思うと、ありがたいことだとまたしみじみ思えます。

「ありがとう」と「あたりまえ」

自分に一番近いご先祖さま。それはやはりお母さんですよね。

次にご紹介するのは

「ラヴ・ユー・フォーエバー」

母親としての一生を描いた絵本です。

生まれてきた赤ちゃんを大切に育てるお母さん。やがてイヤイヤ期、反抗期、思春期がやってきます。

お母さんは葛藤しながらも、夜ぐっすり眠った息子を抱きしめながら、「アイ・ラヴ・ユー いつまでも アイ・ラヴ・ユー どんなときも わたしがいきているかぎり あなたはずっとわたしのあかちゃん」と毎日語りかけます。

やがて成人した息子もまた、わが子が生まれた時に同じように語りかけます。愛情を持って育ててもらったからこそ、愛情のバトンが続いていくのでしょう。

熊本を中心とした震災が起こり、現実を目の当たりにするたびに、日常のありがたさに気付かされ、命の大切さも改めて気付くことができました。「ありがとう」の反対語は「あたりまえ」だそうです

「あたりまえ」の日常は、つい感謝を忘れてしまいがちですが、「あたりまえ」ほどありがたいことはないのかもしれません。いま一度大切な人に「ありがとう」を素直に伝えたいと思います。

【2月14日(日)までの限定公開】

動画の視聴は、スマートフォンから画像をクリック!
(LINEの認証後に、動画をお届けします)

ピックアップ記事

  1. 夏休み 子どもに何を体験させてあげたいですか?
  2. 子育てでイライラした気持ちが軽くなる絵本
  3. お悩みにお答えします【子どもの文章力が心配です】
  4. 絵本で豊かな未来に ~視点を変える~
  5. AI時代に一番大切な〇〇力が、なぜ絵本で育つの?

関連記事

  1. 絵本紹介

    お掃除・片付けが身に付く

    先月(第1545号、8月14日発行)は、子どもとお片付けを始めるための…

  2. 絵本紹介

    働くことの意味を伝える

    好きなことを仕事にする梅雨が明けると沖縄も本格的な夏。父の日にちな…

  3. 絵本紹介

    幸せを支える家と思い出

    積み木のように重なる人生10月になると沖縄でも少しずつ秋を感じます…

  4. 絵本紹介

    子どもに夢を与える大人に

    「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっ…

  5. 絵本紹介

    家族の愛を育むクリスマス

    子どもへ選ぶプレゼント。家族のために用意するごちそうやケーキ。…

  6. 絵本紹介

    好きを追求する家

    明けましておめでとうございます。今年もみなさまにとってすてきな…

ピックアップ記事

【無料】IQとEQが上がるメール講座



PAGE TOP
PAGE TOP