fbpx

絵本紹介

家とお母さん 共通の役割は?

仕事と子育ての両立に悩み、子育てを楽しみたいと模索した10年前、絵本に出合い、親子の触れ合う時間を楽しむ事で、私にも子どもにもすてきな変化が起こりました。

気付けば自宅に絵本が1200冊!

その中から「家」や「心地よい住まい」を考えるヒントになる絵本を紹介したいと思います。

最初の絵本は、加古里子 文・絵の

「あなたのいえ わたしのいえ」

子どもへ家の役割を分かりやすく説明しています。
「『いえ』ってなあに?」。

そんな問いかけから始まります。なぜ家には屋根が必用なのか? そして窓が、壁がなぜ必用なのか?

より良く住むために工夫を重ね、環境が整い、今のような形になったのだと改めて気が付きます。

人は生まれてから人生を終えるまで、ずっと家と共に過ごします。あまりにも当たり前で気付かないけれど、家は大きく、そして優しく人生に寄り添っています。

人が快適で、安全に守られて過ごすために大切な家。それは、胎児がお母さんのおなかの中で過ごす環境と似ているのかもしれません。

もう一冊ご紹介するのは、長谷川義史 作・絵

「おへそのあな」です。

赤ちゃんはお母さんのおなかの中から家族の様子を見ています。

部屋にはお兄ちゃんが描いた赤ちゃんの絵があったり、おじいちゃんが孫のために禁煙したりと、家族が赤ちゃんを心から待ちわびている様子がとてもほほ笑ましく描かれています。

赤ちゃんは、楽しみにしながら家族の待つ家に生まれていきます。

「家も、お母さんも、家族を温かく見守る存在」。家に感謝し、今ある環境を整えたりきれいにするなど最善を考えることで、家が家族を見守り、家族は健やかに成長していくのかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 夢を壊すドリームキラーの正体とは?
  2. お悩みにお答えします【子どもの文章力が心配です】
  3. 絵本で豊かな未来に ~視点を変える~
  4. 夏休み 子どもに何を体験させてあげたいですか?
  5. 子育てでイライラした気持ちが軽くなる絵本

関連記事

  1. 絵本紹介

    子どもに夢を与える大人に

    「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっ…

  2. 絵本紹介

    断捨離の意味を考える

    覚悟を決めて3年前に靴を38足捨てた時、不思議な感覚になりました。…

  3. 絵本紹介

    目的を明確にする大切さ

    「目的は?」問題解決の魔法の質問「こうしなければならない」「××し…

  4. 絵本紹介

    お掃除・片付けが身に付く

    先月(第1545号、8月14日発行)は、子どもとお片付けを始めるための…

  5. 絵本紹介

    お掃除で美しくなる魔法

    今日紹介する絵本は、「みにくいおひめさま」です。…

  6. 絵本紹介

    『ちいさなあなたへ』

    『人の生き方(大袈裟かも。。) そっと優しく片意地張らずに教えてくれて…

ピックアップ記事

【無料】IQとEQが上がるメール講座



PAGE TOP
PAGE TOP